フォローする

2016.01.20 学級通信のICT化に進む学校SNS、CLASSTING

教育現場に勤めている多くの先生方に教育用SNSという言葉はもう馴染みのない言葉ではありません。教育におけるICT活用の重要性を認識し、学校や家庭の両方の領域で、最新の技術を活用しようとする動きの一環で様々なサービスが紹介されています。

CLASSTING(クラスティング)は学校と家庭をつなぐ教育用SNSを目指しています。他の競合サービスとの最大の差別化ポイントは生徒・先生のみならず、保護者の方も参加するサービスであることです。既存のクラスメンバーが先生・生徒に限られていたとしたら保護者の方をクラスメンバーに巻き込むことで、家庭と学校をつなぎ、忙しい保護者の方もお子様の学校生活を見守ることが可能となりました。

最も多く使われている機能は学級通信です。学級通信はクラスの管理者(先生)と先生が任命した副管理者のみ作成権限を持つ機能で、重要な連絡事項を書き込み、公開する役割(先生・保護者・生徒)を選択し、送信をクリックするだけです。学級通信はお手元のデバイスにプッシュ通知でお知らせするので、印刷物をなくしたり、言い忘れたりする場合もリアルタイムで正確に送信することが可能です。また予約機能もあるので、余裕のある時間に作成しておき、放課後に送信予約をしておくともう一度連絡事項を思い出せる、リマインダーとしても活用できます。2015年12月からはスマホをお持ちでないご利用のユーザーの方のために学級通信のEメール受信サービスも行っています。

東京都内のクラスティングユーザーの保護者の方からは「クラスティングをはじめてから仕事で帰りが遅くなる時にもスマホで子供の持ち物や学校行事などがいつでも確認できて、助かった」というコメントをいただいています。また、「学級通信以外の機能で、クラスメンバー誰でも作成できるノート機能を使って簡単に欠席報告もできるので、直接学校へ電話しなくても通勤の時に スマホで簡単に先生へ連絡が取れてよい、文化祭や体育祭などこどもの学校生活の写真がアルバムで共有できるのも嬉しい」と好評をいただきました。

CLASSTING(クラスティング)は元教師が開発した教育現場で安心して使える安全なプライベートSNSとして生徒一人一人によりよい学校生活ができるよう、学校現場の声を大切にして、サービス改善に取り組んでまいります。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk